The Change プログラム MODULE 3 マーキング理論

本当に欲しいのは『GOOD』評価だけ。自分に合ったものさえ見つかれば、あなたの人生は、確実に、変えられるのです。現在のこの商材の Good Points は、
No ratings yet.
販売ASP インフォカート
商品画像
情報商材名 The Change プログラム MODULE 3 マーキング理論
販売価格 32,184円
カテゴリ infocart > 恋愛・コミュニケーション
販売サイト画像
商品説明 The Changeは、あなたの人生の変化を最速化します。 思ったことを行動できる、自分にChange。 今すぐ感情や他人、過去や環境に「振り回される人生」を終わらせよう! The Changeプログラムでは、何かを崇拝する必要も、信じる必要も、モチベーションUpもいりません。 その時あなたのすべきことは、あなたの心のOS(オペレーションシステム)を入れ替えることだけです。 多くの人は、恐怖心に駆られ、セミナーに行き、本を読み漁り、人の意見を聞き、ノウハウややり方や知識を集めます。 しかし、あなたの心のOSは古いそのままの状態で、アプリケーションを集め、それが、干渉し合いバグを脳の中で発生させています。 そして、さらに恐怖心を増幅させています。 これ以上アプリを集め、自分を痛めつけるのはやめて下さい。 3次元は行動の世界です。 行動すれば必ず結果が出ます。 どの分野であっても、うまくいく人は数%の人です。 なぜかと言ったら、90%の人は話を聞いても何も行動しないからです。 行動する人はなぜか、10%くらいしかいません。 ということは、行動さえすれば2人に1人、または3人に1人くらいは成功してしまうということです。 仮にその時うまくいかなくても、それを2回から3回すれば誰でも成功します。 大切なことは、あなたが良いと思ったことを行動できる自分にChangeすることです。 しかし多くの人は、恐怖心に駆られ悪い他人や、過去、環境を自ら作り、それらに振り回される人生を自分で作り出しています。 それでは、人生が思い通りにいかないのは当然です。 恐怖心に支配された「振り回される」人生をもう、終わりにしませんか? それでも主導権を手放さず自分にできることをやり続けた人が成功や幸せを手にする。 世界はそういう風にできています。 難しいことは、何一つありません。 The Change プログラム WEB 完全版を体験すれば 自然と主導権を握り締めたくなるはずです。 痛いけど効く、それがThe Change プログラムです。 The Change 理論は、4つのモジュールで構成されています。 順を追って学習をしていくことによって、The Change 理論を習得し、本来のあなた自身のOSをインストールすることが出来ます。 The Change 理論では人間の精神性を3つの軸(三つの指標)で表しています。 MODULE 3 は、人間性の3軸のうち、PS軸(個人的・社会的)を解説する理論です。 劣等感や無力感は、すべて行動や挑戦のモチベーションに転換できます。 Q:なぜ人は問題行動を起こしてしまうのか? A:集団の上位で注目されないから。 人は集団で上位で注目されるために、幻聴も幻覚も作り出すことが出来ます。 ・人の無意識に関する真偽。 ・生物の進化=遺伝子の自己複製戦略の多様化 ・集団所属思考=人の脳は単独生活に適応していない ・上位志向=特定の分野で自分を印象づけるため ・注目喚起志向=生きるため身につけた生存戦術 MODULE 3 でマーキング理論で、個人的な傾向を操作する感覚が身に着けば、いっさい努力せずに才能を発揮できる分野が分かります。

販売サイトURL http://www.infocart.jp/e/68558/119491/
販売者名 The Change 株式会社
商材登録日 2018年07月23日
商品ID 68558

あなたのこの情報商材についての、個人的な評価や評判などをレーティングしてください。

0
普通 良い 少し良い まあまあ良い たいへん良い 非常に良い
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 情報商材ポータルサイト運営委員会 より:

    ➽ 販売者様へ!・・・

    この記事の「修正・非掲載」につきまして、

    ご依頼がございましたら、速やかに対処いたします。

    販売者様の販売サイトのメールアドレスで、新規登録ログインしていただき、

    「記事内容修正」⇒修正部分を明記してください。

    また、記事のすべてを非掲載の場合は、「非掲載希望」と明記してください。

    尚、ご本人様確認につきましては、・・・

    販売者様の販売サイト記載のメールアドレスとさせていただきます。

    お手数をお掛けいたしますが、ご協力をお願い申し上げます。

    情報商材ポータルサイト運営委員会。

トップへ戻る