PDF教材「Excelでチャレンジ!データ活用」

本当に欲しいのは『GOOD』評価だけ。自分に合ったものさえ見つかれば、あなたの人生は、確実に、変えられるのです。現在のこの商材の Good Points は、
No ratings yet.
販売ASP インフォカート
商品画像
情報商材名 PDF教材「Excelでチャレンジ!データ活用」
販売価格 3,000円
カテゴリ ビジネス・情報源 > 科学・人文
販売サイト画像
商品説明 「まえがき」より

この講座は、Excelを使ってビジネスデータの活用ができるための考え方とExcelの理解がテーマです。

あくまでExcelはツールです。東京から大阪へ出張に行くことを例に挙げれば、移動手段が新幹線・飛行機・夜行バスなど様々あり、それぞれ所要時間や料金などにおいてメリットやデメリットがあります。

これと同じく、Excelはただの手段であり、Excelの操作を覚える段階で苦労を強いられることは望んでいません。

そこで、より高い次元でビジネスデータを活用できることを主眼に置き、その目的に合うように、Excelの操作を覚えることを、筆者はお勧めします。

Excelは多くのパソコンにインストールされており、多くの企業、人々に利用されていることから、情報共有の面から、大変優れています。

そのExcelを利用して、具体的に(定量的に)データについて把握できるばかりでなく、第三者へわかりやすく説明をすることができるようになることは、大きなメリットと言えます。

「自己責任」や「危機管理」という言葉を耳にする機会が増えて久しくなりました。
会社の経営で考えれば、経営者や所属長の勘や経験だけを頼りに予測や判断をした時、うまくいっている時は良いのですが、その人が欠勤ばかりでなく、異動や退職をした場合、残された人は従来と同じように判断ができるでしょうか。

また、その勘を頼りにした判断の方法を、的確に後任者や部下へ継承することができるのでしょうか。

また、従業員の退職による、従業員固有のノウハウの流出は、会社としては避けたいものです。蓄積されたデータは同じでも、その解釈が人によって異なれば、その後の判断も異なるものです。
しかし、情報共有しやすいツールであるExcelを使って、誰が作業をしても同じ解釈ができるように、より多くの人がスキルを持てば、従業員のスキルアップに繋がる以上に、会社にとって経営資源という面でも、大変意義があると言えます。

また、このようなシーンを思い浮かべてください。

あなたの会社でアンケートを実施したとします。紙ベースでもWebベースでも良いのですが、データを集めたら、集計や分析はアウトソーシングをする場合があるでしょう。

また、あなたが上司の場合、部下に集計や分析の作業を依頼することもあるでしょう。
このような時、依頼する立場としては、外注先や部下へ任せっきりでは、望むようなアウトプットが期待できるでしょうか?

データ活用や分析に対する理解が高ければ高いほど、より望むような出力が期待できるでしょう。それが適切な経営・業務判断に役立つでしょう。しかし、分析や統計に関わるロジックについて、アカデミックに追求する必要はありません。

中には、「分析ツール」や「ソルバー」の機能や、統計の専門用語、高度な統計手法も登場しますが、この講座は、ビジネスデータの活用に主眼を置いています。
今後発売される講座の前段として、OSの操作や入力ができれば修得できるように構成されています。形式: PDFファイル382ページ 約25.8 MB*Excel演習用データは、別途ダウンロードをしていただきます。(Excel2003形式。Excel2007でも開いて誤使用いただくことができます。)

販売サイトURL http://www.infocart.jp/e/42389/119491/
販売者名 米谷 学
商材登録日 2009年11月19日

あなたのこの情報商材についての、個人的な評価や評判などをレーティングしてください。

0
普通 良い 少し良い まあまあ良い たいへん良い 非常に良い
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ➽ 販売者様へ!・・・

    この記事の「修正・非掲載」につきまして、

    ご依頼がございましたら、速やかに対処いたします。

    販売者様の販売サイトのメールアドレスで、新規登録ログインしていただき、

    「記事内容修正」⇒修正部分を明記してください。

    また、記事のすべてを非掲載の場合は、「非掲載希望」と明記してください。

    尚、ご本人様確認につきましては、・・・

    販売者様の販売サイト記載のメールアドレスとさせていただきます。

    お手数をお掛けいたしますが、ご協力をお願い申し上げます。

    情報商材ポータルサイト運営委員会。

トップへ戻る