コンテンツマーケティングって、なに?

5/5 (1)

コンテンツマーケティングは、SEO対策となるのか?

コンテンツマーケティングの考え方

コンテンツマーケティングとは、ある一貫した適切で価値のあるコンテンツを作り、それを戦略的立案に基づき、情報伝達する、画期的なマーケティング手法の考え方。で、ある。

見込み客になるユーザーを明確に定義された手法で呼び込み、購買意欲の高いユーザーとして、関係性を維持し、最終的には、『購入者』として利益に結び付く行動を誘引することを目的とします。

通常では、特定のメディアに関して、触れられる定義ではないのですが、やはり、情報商材ポータルサイトとしては、WEB上、あるいは、ブログに関してのての『コンテンツマーケティング』として、捉え、考えて行きたいと思います。

ここで言う「コンテンツ」とは?

通常、良く使われるのが、「コンテンツを充実させましょう!」と言う言葉ですね。

この場合のコンテンツと言うのは、「内容」=「記事」このような考え方、捉え方によるものと考えます。

しかし、現在の「コンテンツマーケティング」での、「コンテンツ」は、「ある一貫した適切で価値のあるコンテンツ」のことを言います。

つまり、・・・

「コンテンツ」という言葉の中に「ある一貫した適切で価値のある」を含むものとします。

私たちが、ここで、実際にやろうとしていることは、この「コンテンツマーケティング」のことです。

商品と言うものは、コンテンツマーケティングの考え方においては、明確に定義された、購買意欲の高い見込み客にとって、「ある一貫した適切で価値のあるコンテンツ」で、あることが求められます。

「ある一貫した適切で価値のあるコンテンツ」を作り、提供していく手法全部・全体のことを、「コンテンツマーケティング」と呼びます。

日本では、2014年ごろから、この考え方が、聞こえ始めるようになってきました。

コンテンツマーケティングは、新しい「SEO対策」の手法ではない。

「ある一貫した適切で価値のあるコンテンツ」をブログやサイト上で作り上げる、そして、それを的確な手法で提供して行くことが、ここで言う、「コンテンツマーケティング」です。

そのこと自体が、Googleなどの検索エンジンが「コンテンツの質」を重視して、上位表示させることと重なって、「コンテンツマーケティング」=「SEO対策」と言われるようになりました。

結果的に、Web上で「コンテンツマーケティング」を展開することが、SEO対策をするにあたって、最良で最善の手法であることになっていったという訳なんです。

細かく言うと、「コンテンツマーケティング」は、最良の販売手法であって、SEO対策を最終目標としていません。しかし、結果として、「コンテンツマーケティング」が、最良の「SEO対策」になっていると言うことなんです。

コンテンツマーケティングは、言葉で言えば簡単のように聞こえますが、実践するには、非常に、難易度の高い手法です。

一般的にいうところの「コンテンツ」を充実させ、そのコンテンツを元に、販売戦略を構築していきます。

言葉にして、書くことは、非常に簡単ですが、これを、実際の行動と重ねて思考していくと、そこには、非常に困難で、高い壁がそびえています。

通常、「コンテンツ」だけを取ってみても、それを充実させていくことは、非常に難しいことです。ライバルのいない「コンテンツ」であれば、それもたやすく充実させることができるでしょうが、現在のグローバル化された社会では、世界がライバルですので、今現在、存在している「コンテンツ」を、ライバルよりもさらに充実させるには、並大抵の努力では、叶わないでしょう。

そして、その「コンテンツ」を仮に、ライバルよりも先に充実させられたとして、次にやってくる、マーケティング手法の充実は、もっと、的確に捉えて行かなければいけないので、難易度は、更に、アップします。

まとめ!

Webでは、「コンテンツマーケティング」が主流となりつつあります。つまり、そのこと自体が、最良で最善の「SEO対策」として、結果を生み出してくれるからです。

私たちが目指している「パワーサイト」の考え方の根源も結局は、「コンテンツマーケティング」にあります。

実際に、昨日より始めている外部の無料ブログ「ドラストFX+プラス

これも、その考え方で実践をしています。

「コンテンツマーケティング」については、非常に、奥が深いテーマですので、これから、連載して、お話していこうと思っています。

お楽しみに!!!

Please rate this

31 views
トップへ戻る