アクセスが集まるブログを作るための10の心得。その1~4まで。

5/5 (1)

1.好きなことに絞り込め!

ブログからの「収益」と言うものは、そもそも、アクセスが合って、初めて発生します。

では、・・・

その人のアクセスを増やすためには、大事なことは、何なのか?情報商材ポータルサイトの53記事目の区切りとして、一旦、これについてまとめてみたいと思います。

第1に、何と言っても、ブロガーさんの好きなことを題材にすることです。

当たり前のことですが、毎日、有意義な記事を、コツコツと書くという作業は、並大抵のことではありません。

その作業を、「」もなく、継続できるのは、「自分の好きなこと」以外にはありません。

自分の好きなこと。=自分の得意なこと。

この関係が成立します。

すると、その記事の内容に、幅が出来ます。他人、ここでは、読んでいただいている読者に対して、有意義な、記事を提供できます。

この「幅」・「有意義」な記事を書くことが、アクセスを増やすための、基本中の基本です。

もっと言えば「バカになるくらい」好きなこと!!!

これを徹底して、継続すれば、いいだけのことなのです。

例えば、あなたが、「ガンダム」について、誰よりも、好きだ・・・

そんな気持ちがあれば、徹底して、「ガンダム」ネタに凝ればいいんです。毎日、毎日、来る日も、来る日も、「ガンダム」一筋に書けばいいんです。

要するに、読者と言うものは、読者が、「自分の好きなことを書いてくれている

そして、「自分の知識よりも、詳しいことを書いてくれている」この様なブログに足を運ぶものなのです。

逆の立場で、考えれば、簡単ですよね。あなたが、読みに行きいブログってどんなブログなのか? 自分で、自分に問いかけてみればいいだけです。

2.伝えたい相手を明確に決定する!

あなたが、毎日、苦労をして書いているブログを、

真っ先に、読んでもらいたい「相手」は、誰なのか?

これを明確に、決定して書くこと。

自分の『している』情報発信を、・・・

いったい、自分は、誰に伝えたいのか?

これって、結構、大事なことなんですよ。よく、ブログを書く時は、「自分の好きなことを書きなさい。」という指導書は、多いです。

しかし、「誰に伝えたいのか?決定しなさい!!!」という指導書は少ないです。

「コアな読者」を集めること。

これが目的なんです。

あなたのブログの読者は、多くのジャンルの人に読んでもらうことを望むよりも、少数派のコアな読者を、確実に掴むことを狙った方がいいんです。

「なぜ?あなたが、そのブログを書く必要があるのか?」

「誰に、あなたの発するメッセージを1番に伝えたいのか?」

これらのことを、自分の中で、明確に決定すべきです。

3.そのジャンルの専門家的存在になる。

あなたの「仕事や趣味で得られた知識や経験」は、財産なんです。

あなたにとっては、「当たり前」の知識や情報であっても、そのことを知らない人からして見れば、それは、「宝」のような情報なんです。

その考えを頭の中に置いて、専門性をさらに進化させていけば、あなたは、立派なその分野ではプロとなります。

1つの自分の好きなことを、継続して、徹底的にやり遂げた人は、そのジャンルで、必ず、多くの人達に、認知されます。

4.分かりやすい表現で、専門性を表現すること。

専門家になれば、なるほど、間違えてしまうこと。

それは、専門用語を連発すること。

逆なんですよ!

本当は、専門家になれば、なるほど、偉くなるのだから、初心者の人にも、分かりやすい言葉で、丁寧に説明できるのが当たり前なんです。

例えば、AdSenseの解説をする際に、専門的な広告用語ばかりを使って説明しても、理解をしてもらえる確率は低いです。

初心者にも、分かりやすい用語を使って、理解をしてもらえるように工夫することが、専門家としての知恵があるというものです。

そのように、心がけて、丁寧に文章を書いて行けば、自然と読者が、増えていきます。

Please rate this

  にほんブログ村 ネットブログ ポータルサイトへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

22 views
トップへ戻る