Googleの検索エンジンに好まれる記事の書き方をしましょう。

5/5 (1)

記事のタイトルにキーワードを挿入すること。

アフィリエイターさんなら、タイトルには、必ず、商品名を入れましょう。

確かに、情報商材のような商品のタイトルでは、競合が多すぎて、検索エンジンに、そのまま、表示されない確率は高いです。

しかし、そうだからと言って、タイトルを抽象的な書き方にしてしまえば、いつまで経っても、その商品では、検索されません。

運よく、文中の中に忍び込ませている「タイトル」を拾ってくれる時もあります。しかし、その方法も、リスクが高いことには、間違いありません。

だったら、やはり、正攻法で、タイトル中に「商品名」は、挿入すべきだと思います。

本文中にも、商品名を、上手に散りばめてください。

Googleの検索エンジンは、記事のタイトルに使われた「商品名」と記事の文中にある「商品名」を同時に拾っています。

1つのキーワードの分散アイデアとしたら、商品名を分解できるくらい長いものであるなら、2~3分割にして、それらの言葉・文字を、本文中に、散りばめます。

あと、「関連キーワード」も上手に文中に組み込みましょう。例えば「FX」の商材なら、「ドル・円」や「メタトレーダー」などです。

関連記事に内部リンクを張る。

私たちもよく使う「手段」ですが、自分のブログ内で、リンクをします。そして、そのリンクは、内容に沿った「関連リンク」であることが重要です。

関連記事による内部リンクは、Googleが、これまでに、インデックスをしてくれていなかったページを、インデックスしてくれる可能性があります。

サイトマップや、パン屑リストなどで、各ページにロボットが行けるようにはなっていても、すべてのページをインデックスしてくれません。

何かの理由付けで、インデックスされなかったページが存在することは確かです。そのインデックスされなかったページに、内部リンクを張ってあげたお陰で、Googleが、そのページを重要視して、インデックスしてくれる可能性が出てきます。

過度のキーワードの詰め込みや内部リンクは逆効果です。

いくら、キーワード(商品名など)をタイトルや文中に散りばめればいいと言っても、限度はあります。

やはり、読み手(読者)の視点になって判断しましょう。読み手が、その記事を読んでいて、「読みにくい」・「違和感を感じる」など、あまりにもキーワードを繰り返しているので、読んでいて、意味が解らない。

こんな風では、せっかくの記事に意味がなくなってきます。

「内部リンク」も同じです。文中のいたるところで、リンクばかり目立っては、読み手は、段々と不愉快な思いになってきます。

なぜなら、・・・

そのリンクが張ってあるがゆえに、ユーザーは、そのリンク先のページを、わざわざ、確認をしに行くわけですから、そのリンク先を読むだけの「意味」がなければ、つまらないところまで、「読まされている」という不快感を抱くからです。

Googleは、あなたの個性を重要視します。そして、これからは、もっと、その傾向が強くなります。

会社員では、個人の個性よりも、「協調性」の方が、重視されます。 しかし、・・・

ネットの社会では、個人の「個性」が、非常に大事になってきます。

あなたという「1人の人間の個性」が運命の勝敗を握っているといっても過言ではないでしょう。

特に、htmlサイトよりも、ブログを多用しているアフィリエイターさんなら、尚更です。

あなたの毎日の記事の中に現われてくる、「個性」は、あなたのブログの人気度を決定付けします。

ある程度の記事数までは、個性よりも、通常の表現で、ブログの基礎を作るのが良いと思いますが、ある程度の「基礎になるページ・記事」が積み上がってしまえば、

その上に、あなたの個性溢れる言葉で、記事を書くことをお薦めします。

ある程度のページ・記事数と言うのは、私たちの独断と偏見で、約100ページを想定しています。100ページの記事があれば、大まかな常識や知識は、構築されているはずです。

学校で言えば、『義務教育』の部分です。義務教育の部分を積み上げてしまえば、あとは、あなたの個性を重視した、更に、専門的な分野のことを書いて行きます。

つまり、『専門学校』や『大学』の部分です。

読者は、あなたの個性が発揮された、専門的な記事に、非常に興味を示し始めます。そして、徐々に濃ゆいリピーターとなってくれます。

これが、・・・

『パワーブログ』の始まりです。

あなたのユニークな個性と専門性。

これが、あなたの人生を変えていく武器となっていきます。

是非、あなたも、自分の個性を見つめ直して、誰にも真似のできないブログを作ってみてください。

Please rate this

  にほんブログ村 ネットブログ ポータルサイトへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

22 views
トップへ戻る