Affilytics.infoに設置した、Piwikが、良い表示をしてくれそうになってきた。

5/5 (1)

Affilytics.infoに設置したPiwikの「入口ページ」の機能を紹介。

アフィリエイト専門のアクセス解析を目指すアフィリーティクス Affilytics.infoです。

まだ、生まれたばかりで、何も出来ていません。作れていません。

設置したのは、無料の高機能アクセス解析Piwikのみです。

このPiwikなのですが、生まれたばかりにしては、良い情報を提供してくれそうな気配なので、

早速、レビューをしたいと思います。

2016-02-28_04h47_03

Piwikに設置されている機能の1つ「入口ページ」です。

ここで、どのようなことが分かるのかというと、・・・ あなたのサイトのどのページにユーザーが、やってきたのか? その最初のページを教えてくれています。

つまり、訪問してきたユーザーが最初に見たページというのは、Googleなどの検索エンジンからやってきたということですよね!

この分析結果で、訪問ユーザーが、どのような商材や商品を探しているのか?

見当がつきます。

つまり、今、ネット上では、この入口ページの商材が、検索人気なのだな!ということが判断できるわけです。

ネット上で検索人気の商材をアフィリエイトすれば、売れやすい!

当たり前のことではありますが、みんなこの「情報」が欲しいと思うんですよね!

情報商材ポータルサイトの目標は、ここにあります。

大量(各情報商材)のページを、作成しておいて、検索結果や入口ページの情報をデータ化すること。

確かに、情報商材ポータルサイトの記事の全てを、Googleが読み込んでくれる訳ではありませんので、完璧な数字は把握できません。

しかし、Piwikには、多数のブログを登録することができます。

フリーのアメブロやFC2ブログ、Yahoo!ブログなど、コードをフッターに貼り付けることができる「プラグイン」さえあれば、すべてのブログで解析可能となります。

近い将来、

このシステムを有効利用するために、Piwikの開放を考えています。

どのようなシステムにするのかは、まだ、具体的には、見えていません。

しかし、みんなに「ブログのタイトル」を登録してもらって、コードをフッターに貼り付けるだけで、Piwikの高機能な、アクセス解析を利用してもらおうと思っています。

すべての商材の「購入特典」にするのもいいなと思っています。

どのアフィリエイターさんも、優秀な特典を用意されていらっしゃいますので、逆に、このようなシステムを永久に利用する権利を「購入特典」とするのも良いかも知れません。

Googleは、検索キーワードを「非公表」とする方向に向かっています。

この画像を参照してください。

2016-02-28_10h26_06

Googleでは、キーワードの部分が

「キーワード は定義されていません」

と、表示されています。

Yahoo!は、検索キーワードを明確に表示してくれています。

Googleは、「http」で、検索されたキーワードを表示してくれません。

今後、Yahoo!やBingも同じ方向に進んでいくものと思われます。

SEOの手法は、また、キーワード重視の方向に進んで行くものと思われます。

Google Search Consoleの「検索アナリティクス」でクエリを見る。

検索アナリティクスは、クエリを表示してくれます。画像は、ある1日の情報商材ポータルサイトのデータです。

2016-02-28_11h27_02

Google Search Consoleでは、検索アナリティクスでのクエリを確認する作業をします。

クリック数は、ユーザーが Google の検索結果ページをクリックしてサイトに移動した回数です。

もちろんのことですが、これには、Yahoo!やBingの結果は、反映されていません。

次に「ページ」を見てみましょう。

もちろん、こちらも、Googleの検索結果によるものです。

2016-02-28_11h31_36

以上のことを踏まえて、・・・

Googleの検索クエリを見る(分析)には、やはり、Google Search Consoleに頼るしかありません。

そして、その他のYahoo!やBingの検索キーワードは、Piwikで確認をする。

それ以外の分析は、Affilytics.infoのPiwikで、「入口ページ」など、その他のデータ分析を確認する。

このように分類して、両方の良いところを理解して共用していくことがBESTだと考えます。

また、Piwikには、Google Analyticsには無い分析力も持ち合わせているので、更に、面白い分析ができるでしょう。

こちらについては、引き続き、特集を組んで、ご説明をしていきたいと思っております。

まとめ!

Google検索結果からのクエリの確認は、Google Search Consoleで、確認をする。

その他のYahoo!やBingの検索キーワードは、Piwikを利用する。

「ページ」情報などは、Piwikのデータを中心として捉えて利用する。

PiwikとGoogle Search Consoleの両方の特性を正確に理解して、上手に共用する。

以上です。

Please rate this

103 views
トップへ戻る