「インフォトップ」専用のカテゴリサイト。

5/5 (1)

「インフォトップ」の情報商材データを流し込むカテゴリサイトを作成しました。

アドレスは、こちら、、、

infotop

で、HOME側の「アイキャッチ画像」がこれ!

infotop_folder

そして、

インフォトップ本体側の「アイキャッチ画像」がこれです。

info-top

これを、作ってから、少し、修正・・・

info-top1

そして、ヘッダーのロゴ画像です。

infotop1

この3つでワンセットです。

2016-01-17_07h09_48

TOP画面は、このような感じになりました。

ここに、インフォトップのすべての商材のデータを流し込みます。

まだ、全部の数を見ていません。

5,000タイトルくらいは、有るかも知れませんね!

データの詳しい取得数が出れば、また、追記します。

インフォ・ポータルサイトの構成について・・・

kousei

構成は、上記画像のように、HOMEになるサイトをメインに置きます。

これが、「http://info-portal.site」です。(青色の部分)

そして、傘下に、各ASPサイトが並びます。(グリーン色の部分)

現在8サイト掲載。

➽ http://info-portal.site/admall/

➽ http://info-portal.site/dl-market/

➽ http://info-portal.site/infotop/

➽ http://info-portal.site/infocart/

➽ http://info-portal.site/fx-on/

➽ http://info-portal.site/infopoint/

➽ http://info-portal.site/infojapan/

➽ http://info-portal.site/sublimestore/

あと、赤色のRSS配信用の「新着情報」を専門にしたサイトが1つ。

合計10個のサイトで構成されます。

どうして?

RSS配信専用のニュースサイトを作ったかと言うとですね。

各ASPサイトからは、記事作成時に、RSS配信をしない設定にしています。

昨今では、検索エンジンの知能が、各段に発達してきていますので、

アフィリエイト(情報商材のタイトル)であることは、

確実に把握されているので、わざわざ、今更、アフィリエイトの

更新記事を書きましたよ!

と、検索エンジンに通知しても、逆効果のような気がします。

なので、

それらの記事を「今日の新着」として、ニュース化しました。

その方が、まだ、検索エンジンに対しては、効果が有りそうです。

「1」がいいのか? あるいは「10」がいいのか? という問題。

以前なら、1つのサイトを構築して、そこに各ASPサイトの商材データを流し込んで、

カテゴリ分けをしていました。

しかし、今回は、「カテゴリ」で、分けるのではなくて、

「サイト」ごとに分けることにしました。

この方法にすると、確かに、プログラム上では、トータルの記事数などの

データを取得するために、別途、それ専用のプログラムを作らなければいけなくなります。

1つのサイトの中に、すべてのデータを流し込めば、そのようなプログラムを

わざわざ作らなくても、Wordpressなら、簡単にできてしまいますし、

そのような機能を持ったプラグインもたくさん出ています。

今回、10サイトで、このインフォ・ポータルサイトを作成してまいりますが、

この10サイト制が、どのような効果、あるいは、デメリットがあるのか?

これについては、その都度、検証を重ねて、正直に、偽りなく、

ご報告してまいります。

将来は、結局、1つのサイトに全部、データを集約したサイトに変貌を

遂げているかも知れません。

ポータル・サイトを構築したいと思っている人の為に、少しでもお役に立てるように

データ公開していきます。

Please rate this

  にほんブログ村 ネットブログ ポータルサイトへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

81 views
トップへ戻る