WordPressにCaptchaプラグインをインストール。

No ratings yet.

情報商材ポータルサイトのcmsであるWordpressに、ログインを制御してくれるプラグイン「Captcha」を採用しました。

CAPTCHA機能のプラグインは、数種類あります。

そのような中、Captchaプラグインを選定し、採用した理由をお話します。

kyap

まずは、・・・

設定完了画像です。

キャプチャ

見ていただきますと、単純に、他の画像認証プラグインと違っていることが判ると思います。

そう、漢字です。

最近は、ノーマルなログイン画面のまま放置しておくと、

必ずと言っていいほど、ロボットによる「ユーザー登録」があります。

今回、この「Captch」プラグインを、急遽、インストールしたのも、本日、ロボットによる

「ユーザー登録」があったからです。

これまでは、「SI CAPTCHA Anti-Spam」をよく利用していました。

キャプチャ

こちらのプラグインですね。

キャプチャ

認証画像は、こんな感じです。

どちらが、いいって、言っているのではないです。

今回は、「Captch」プラグインを試してみようという考え方と、

最近、どうしても、海外からのIPアドレスでの、不正な登録が多いので、

「漢字」を使った画像認証プラグインを採用してみようと思った次第です。

インストールの方法は、簡単です。

プラグイン ⇒ 新規追加 ⇒ 検索で「Captcha」を入力。

「Captcha by BestWebSoft」を、選択 ⇒ 有効化

これだけです。

強いて注意するなら、タイトルの部分を少し工夫した方が、始めて訪問されたユーザーには

解りやすくなると思います。

キャプチャ

情報商材ポータルサイトでは、Titleの案内文句を、

「計算式に,当てはまる値を入力してください。」

このように、案内することにいたしました。

この部分は、読者の皆さんのブログに合わせて、考えてみてください。

では、これで、・・・

WordPressに「Captcha」プラグインのインストール記事は、終了です。

次回、Wordpressネタは、

「Code php in Widget」で、各ページの閲覧数を表示させる。

です。

Please rate this

  にほんブログ村 ネットブログ ポータルサイトへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

499 views
トップへ戻る