清原和博容疑者を逮捕、覚せい剤取締法違反の疑い=サンケイスポーツが報じている。

5/5 (1)

清原、ついに「逮捕」

警視庁は2日、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで、

元プロ野球選手で西武、巨人などで活躍した

清原和博容疑者(48)を、

東京都港区内で現行犯逮捕した。

◆清原和博(きよはら・かずひろ)1967年(昭42)8月18日、大阪府岸和田市出身。

PL学園で1年から4番を打ち、5季連続甲子園出場。85年ドラフト1位で西武入団。

96年オフにFAで巨人移籍。05年オフに自由契約でオリックス移籍。08年限りで引退。

通算成績は2338試合、2122安打、525本塁打、1530打点。

現役時代は188センチ、104キロ。右投げ右打ち。

2016-02-03_02h15_35

やっぱり、やってきたかという感じのこのニュース!!!

「先日、子供たちと、久々に夕食をしたら、泣けてきた。」

と言っていた、あの言葉は、嘘だったんでしょうか?

また、その言葉を信じた(私も含め)ファンたちは、非常に、

「裏切られた気持ち」になっていることでしょう。

どうして、麻薬なんかに嵌ってしまうのですか?

あなたほどの人生を歩んできた人が、どうして?

こんな風に思っている人も多いでしょう。

子供さんたちは、どう思っているんでしょう。

そして、モデルで、元の奥様、亜希さんは、・・・

2016-02-03_02h22_22

多分、いつかは、このような日が来ることを知って、

離婚を決断されたのではないかと、

想像します。

PL学園時代の恩師は、

「ただただ驚いている」。

高校時代に大阪・PL学園高の監督として清原容疑者を指導した

中村順司さん(69)は逮捕の一報に困惑した。

このように、コメントをされています。

次に、噂が上がっているのが、「玉置浩○

2016-02-03_02h37_15

私は、清原さんも玉置さんも

とても、好きな人でした。

ある時期までは、・・・

どうして、変わっていってしまわれたのか?

どんな心理で、そうなってしまわれたのか?

そのような点を、非常に気にしてしまいます。

警視庁、1年以上の内偵捜査

これまで何度も薬物疑惑の噂はかけめぐり、警視庁は1年以上にわたる内偵捜査を経て、

この日の強制捜査に踏み切った。

お遍路姿で全国を行脚して反省を深めていることを強調し、薬物疑惑も強く否定していた。

一体、あのパフォーマンスは、何だったのか?

清原の捜査ファイルは、平成26年ころから存在していた。

「清原の情報については前からファイルを作っているよ」。

薬物疑惑の報道直後、

薬物犯罪に携わってきた捜査関係者は、そう話しながら机の後ろのファイルを指さした。

清原容疑者の捜査は、2年以上続いていたそうです。

警視庁は地道な捜査を2年以上も経て、今回の逮捕に踏み切ったようです。

かつて日本中が熱狂した男の姿はそこにはなかった。

清原容疑者は、調べにも素直に応じているということだ。

容疑を認め・・・、

今回の清原さんの覚せい剤所持での逮捕

このニュースは、引き続き、アップデートを重ねていきたいと思っています。

Please rate this

  にほんブログ村 ネットブログ ポータルサイトへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

90 views
トップへ戻る