Google Search Console が、稼働し始めました。

No ratings yet.

検索での見え方

2016-01-22_00h35_40

情報商材ポータルサイトの「Google Search Console」が稼働を始めました。

ということで、

本日は、「検索での見え方」を、実例を見ながら検証していくことにしましょう。

ブログやサイト運営者なら、必ず、知っておきたいところです。

きっちり、押さえていきましょう。

特に、将来、メガ・ポータルサイトを構築したいと思っている

初心者アフィリエイターさんなら、絶対に、覚えておいてくださいネ。

ダッシュボード

2016-01-21_13h20_23

2016.1.15から、スタートしています。

まだ、生まれたてのサイトという感じですね。

これが、1年後にどのようなサイトになっているのか?

見比べて見ます。

構造化データ

2016-01-21_13h45_49

Google より引用

Search Console の [構造化データ] ページに、Google がサイト上で検出できた構造化された情報が表示されます。

また、リッチ スニペット(またはその他の検索機能)を表示できなくなる可能性があるページ マークアップのエラーに関する情報も提供されます。

[構造化データ] ページには、サイト上で検出された構造化データの各タイプの一覧と、エラーがある場合にはどのデータにエラーがあるかが表示されます。

仮に、構造化データのエラーが出ていたとしても、

Google側から見た、検索エンジン上の順位には関係ないと、

Google自体が、答えています。

しかし、やはり、エラー表示は、エラーですので、

検索すると順位が落ちたりするのも嫌なので、

エラーが出ている場合は修正しておきましょう。

データ ハイライター

まずは、一見の余地ありです。

2016-01-21_23h33_21

データ ハイライター サイト内のデータを検索結果で目立たせることができます。

検索結果で注目を集めることができます。
重要な情報を検索結果でユーザーに見てもらいやすくなります。

ページのタグ付けが簡単にできます
サイトの HTML を変更する必要はありません。
マウスでデータをハイライト指定し、タイプを選択するだけです。

類似したページをすべて一度にタグ付けできます
標準的なページで始めてみましょう。データ ハイライターは、類似したページを自動的にタグ付けし、常に最新情報でサイトを同期します。

主な使い方は、別途、詳しく書くとしましょう。

今日のところでは、
HTMLを変更しなくても用意に構造化データが作成できる
ところを、覚えておいてください。

そうすることによって、・・・
サイトを目立たせクリック率を向上できる。

という、利点が生まれます。

特に、ECサイトや物販サイトなどでは、やっておいた方がいいツール・システムだと思います。

HTML の改善

2016-01-22_00h15_33

サイトも、できたところですので、今のところ問題はありません。

ここは、SEO対策を行う上で非常に重要なことを教えてくれるページですので

情報商材ポータルサイトが成長していく度に、

何か?

問題が出てくるところだと思いますので、

問題の出現がある度に、ブログで修正報告をやっていきたいと思います。

HTMLの改善の具体例として、

以下のような、重要なことを示唆してくれます。

1.Googleがパフォーマンス向上を指示してれます。

2.重複文字が入ったdescriptionsを教えてくれます。

3.重複文字が入ったタイトルタグを教えてくれます。

4.インデックス出来ないコンテンツを教えてくれます。

インデックス出来ないページが検出された場合は、すみやかに削除をすることを心がけましょう。

サイトリンク

2016-01-22_00h23_55

使えるのは管理者のみですが、サイトリンクを意図的に下げることができます。

管理者の意図しないリンクが、Googleの検索結果に表示されてような場合に利用します。

多分、殆どの初心者さんなら、利用しませんよね。

Accelerated Mobile Pages

2016-01-22_01h00_11

ページをモバイル ユーザーに目立つように表示するには、Accelerated Mobile ages(AMP)のエラーを修正してください。

こちらも、実際に、エラーが出た時に、実例で、修正をやっていきましょう。

以上で、2016年1月15日版 Google Search Console 「検索での見え方」を、

終了します。

最後に、・・・

Googleウェブマスターツールは「Search Console」に名前が変わっています。

以前は、「Google Webmaster tool」 だったものが、今は、

機能・内容を更新させて、「Google Search Console」となっています。

2016-01-22_00h52_26

初心者のブログアフィリエイターさんは、必ず、これを使いこなせるようになりましょう。

もちろん、私たち、情報商材ポータルサイトも、使いこなせるように頑張ります。

Please rate this

  にほんブログ村 ネットブログ ポータルサイトへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

413 views
トップへ戻る