Windows10 変更した媒体(記録やデータなども)が、実は、変更されていなかって、困った件。(著作権の保護機能)

5/5 (2)

komatta

パソコンで、データを修正・保存したのに、実は、何の変更もされていなかった。(Windows10 著作権保護機能)

あなたは、何かの画像やテキストデータを修正・変更・保存したにも関わらず、

そのデータを外部記憶装置(USBメモリー)などに、持ち出した時に、

まったく、何の変更もされていなかったという経験は、ありませんか???

つまり、・・・

それは、元のデータの著作権を保護する機能が働いています。

あるデータを外部からCドライブ内にインストールしたとします。

その時に、インストールした名前とデータが、記録されます。

これが、元々の「著作権を持った媒体」として保存されます。

次に、私たちが、同一のパソコン内で、その記録媒体に変更・修正を加えたとします。

この場合、Windows10は、修正した記録データを別名を自動に振りつけて保存するという作業を行っています。

Windows XP以前ならば、このような現象はありませんでした。

修正や変更をした場合。元々の媒体の名前で保存されていました。

Windows10では、更に、著作権の保護機能が強化されたようで、元々の媒体と変更・修正した媒体とを明確に分離してていることが、分かります。

「著作権の保護は、非常に大事なこと」です。

しかし、自分が著作権を有しているような媒体に修正・変更をしても、実際には、別名で保存されていて、

データとして外部に持ち出す場合。結局は、修正以前のものしか持ち出せないようなことでは、まったく、作業効率の面から考えれば、

非常に、『欠点な部分』としか言えなくなってしまいます。

実際に、私たちが、困ったケースをお話していきましょう。

Metatrader5内での修正や保存が、実は、仮の作業だったこと。

実際に、私たちの困った事例として、・・・

MetaEditor_mql5com

Metatrader5を運用していて、痛感いたしました。

Cドライブ内で、「Metatrader5」を保存・運用していました。

色々な、インジケータを外部から、インストールして保存したて、

更に、そのインジケータを自分たちようにアレンジをいたしました。

あるメンバーさんに、私たちと同じようにプログラムを使ってもらうべく、

USBメモリーにコピーして、お渡ししました。

すると、そのメンバーさんから、「Metatrader5」に何の変更・アレンジもされていないということを知らされました。

「えぇ~!」っと、思って、パソコンのCドライブ内のプログラムなどを確認します。

が、・・・

正確に、アレンジされています。

そこで、私たちは、別途、そのCドライブの中にある「Metatrader5」をUSBメモリーにコピーして、

別のもう1台のパソコンで作動させてみました。

な、なんと・・・

何も修正・アレンジされていないではないですか?!

つまり、元々の媒体は、何も修正・変更されていないのです。(著作権で保護されています。)

私たちが、修正・変更をしていたのは、別のコピー媒体であった。ということです。

Cドライブ内に連携された、まったく別物の媒体を修正・変更していただけなのです。

ですから、こちらで勝手に「変更・修正」したであろう媒体を、外部に持ち出そうとしても、それが、できなかったのは、このためだったんです。

では、実際に、元々の媒体に直接修正・変更するには、どうすればいいの???

答えは、『USBメモリー』です。

この中に、修正・変更したい媒体をインストールします。

私たちの場合であれば、

「Metatrader5」をこのUSBメモリーの中に、インストールしました。

インストールするUSBメモリーにも、性能差があります。

以下が、おおよその比較表です。

USBメモリー選びの参考にしてください。

2016-08-06_14h15_09

私たちが、現時点(2016.8.6)で、おすすめなのは、・・・

Transcend USBメモリ 32GB USB3.1 & USB 3.0 スライド式 ブラック (無期限保証) TS32GJF790KPE (FFP)

2016-08-06_14h23_49

USBメモリー内部で、「Metatrader5」を変更・修正すれば、取り出しも簡単です。

インジケータなどのプログラムを別途、インストールしたり、修正・変更した場合や

チャート画面のレイアウト保存(テンプレート)などは、容易に可能となります。

特に、「Metatrader5」などをUSBメモリー内で、稼働させるとなると、

その転送速度なども考慮して、選択するようにしましょう。

とにかく、自分で、オリジナルのインジケータなどを何回も修正・変更保存して、

外部の記憶装置に、簡単にコピー作業ができる。

というような点を踏まえて考えますと、この方法が、現行では、1番!

BESTな選択ではないでしょうか?

まとめ!

私たちのように、「Metatrader5」などの外部の媒体を導入して、さらに、それに、

変更や修正を、何度も加える作業をする方には、「USBメモリー」内での実行をお薦めします。

Please rate this

  にほんブログ村 ネットブログ ポータルサイトへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

56 views
トップへ戻る