Google Search Consoleのサイトマップのインデックス登録済みが14,709で、順調に伸びている件。

5/5 (10)

Google Search Consoleのサイトマップに『RSS』を登録したその後の報告。

前回、こちらのページに記事として書きました。 ↓

Google Search Console に、「RSS Feed」を登録しましょう。
あなたの運営するブログのRSS FeedをGoogle Search Consoleのサイトマップに追加しましょう。 え? どこに、...

その後の結果報告です。

2016-05-21_16h46_50

本日現在時刻におきまして、Google Search Consoleのサイトマップにインデックスされたページは14,709となっています。

前回の、記事を書いた時点では、14,534ページでしたので、順調にインデックスされて行っていると言えるでしょう。

この調子で、インデックス数を増加させていきます。今回のこの結果から踏まえて、Google Search Consoleのサイトマップに、『RSS Feed』を登録することは、効果があると認められたと思います。

皆さんも、是非、Google Search Consoleのサイトマップに『RSS Feed』を設定されることをおすすめいたします。

アクセス数の伸びは、今のところ、あまり効果は出ていません。

しかし、安定して、100ビジット/日程度はあるようになってきました。

2016-05-21_17h07_59

今後も、オリジナルな記事を書いていくことに注力をしていきたいと思います。

最近は、シェンロン{Shenlong}FXにも時間を費やしていますので、こちらでのアクセスも伸びつつあります。

近い将来、情報商材ポータルサイトとFX情報ポータルサイトの2サイトで、200ビジット~300ビジット/日を達成できるようにしたいと思っています。

現在のFX情報ポータルサイトのアクセス数です。

2016-05-21_17h18_10

10ビジット/日程度です。お恥ずかしいようですが、最初は、みんなこんなものです。

ここから頑張って100ビジット/日は目指したいと思います。

アクセス増はとても大事です。しかし、それだけがすべてではありません。

アクセスの増加は、嬉しいことです。

これは、ブログを書いている人なら、誰もが、みんな思うことでしょう。

しかし、アクセスの増加ばかりを狙うのは、どうでしょうか?

言葉にして、伝えにくいですが、意味のあるアクセス増を狙いたいものですね。

情報商材ポータルサイトの人気アクセスを見ていても、簡単に解ります。

現在の人気ページです。↓

Wordpressで使える無料テンプレート(Theme)厳選:2016年度版
初心者ブロガーが、安心して使える無料のWordpress専用のテーマ厳選。 初心者のブロガーさんが、wordpressで、自分好みのサイト...

これが、1番、検索に掛かりやすく、みんなが喜んで読んでくれる『データ』だと思って書きました。

予想が的中です。

今後も、このような記事を増やしていけるように、頑張って行きたいと思っています。

情報商材ポータルサイトでは、『機関車方式』で、サイトを構築して行っています。

もう1つ、予想が当たっていることがあります。

この情報商材ポータルサイトの構成です。

初めて、このサイトに来られた方は、解らないかも知れないですが、何度か?リピートされてくださっている方は、お気づきでしょう。

TOPに1つのメインブログ(Wordpress)を配置して、その傘下に「各情報商材図書館」のデータを詰め込んだWordpressが並んでいます。

そして、別途、サブドメインで、FX情報ポータルサイトが存在しています。

現在、メインのTOPのWordpressブログには、約120のオリジナル記事を書いてきました。

そして、傘下には、約20000ページのペラページが存在しています。

今日現在、14700ページがGoogleに、インデックス登録されています。

通常、ペラページだけで20000ページも存在しても、10000ページすらインデックスされないでしょう。

ましてや、各情報商材図書館のWordpressからは、記事の更新をしても、『Pingの送信』は、一切、行っていません。

『Pingスパム』扱いをされるのが嫌だからです。

同じ情報商材のタイトルで、記事を流し込んで、他のサイトと、差別化できない記事をわざわざ、Ping送信をしなくてもいいだろうと考えています。

その代り、『RSS Feed』を登録したという訳です。

今のところは、結果は良好と言っていいでしょう。

ただし、近い将来、Googleが、評価の仕方を変更する可能性もあります。

その時は、その時で、対処を考えたいと思います。

しばらくは、TOPのWordpressが、傘下のWordpresを引っ張るという『機関車方式』で臨みたいと考えています。

後は、サイトの運営期間が伸びれば、伸びるほど、効果を発揮してくれるものと推測しています。

このサイトの運営期間のことに付きましては、もう少し、時間が経過した時に、記事に書きます。

本日は、以上です。

タケルでした。(*^-^*)

Please rate this

66 views
トップへ戻る