【Contact Form 7】をWordPressに導入して、『オートレスポンダーシステム』を構築する方法。

5/5 (5)

【Contact Form 7】で、Wordpressに自動返信メールシステムを導入する。

前回は、【MW WP Form】をWordPressに導入して、『自動返信メールシステム』を構築する方法。を、解説させていただきました。

【MW WP Form】をWordpressに導入して、『自動返信メールシステム』を構築する方法。
「キタジマ タカシ」氏が開発をしているWordpress プラグイン【MW WP Form】 このプラグインは、「...

今回は、【Contact Form 7】を設定してみましょう。

2016-05-05_11h01_03

こちらのプラグインの製作者は、「Takayuki Miyoshi」氏。

2016-05-05_11h03_54

前回ご紹介の、【MW WP Form】と同様に、日本人の方です。非常にうれしいですね。

日本人が、世界の中で、貢献をしているということが、・・・

話が、逸れそうなので、早速、本題に行きましょう。

【Contact Form 7】をダウンロード。

プラグインの「新規追加」から、【Contact Form 7】を入力して、探します。

2016-05-05_11h08_11

【Contact Form 7】を選択して、インストールします。

2016-05-05_11h11_42

インストール完了。「プラグインの有効化」を実行すると、・・・

2016-05-05_11h13_49

サイドバーに、「お問い合わせ」が表示されます。

これで、【Contact Form 7】プラグインの導入は、完了です。次に、実際に、「コンタクトフォーム」の設定をやりましょう。

【Contact Form 7】で、「コンタクトフォーム」を設定。

お問い合わせフォームで、「新規追加」をクリックします。

2016-05-05_11h38_06

すると、このように、デフォルトで設定されたフォームが表示されます。

2016-05-05_11h38_34

この部分を、あなたの必要に応じて、追記していきましょう。

ちなみに、私が、設定した記述は、このような感じです。

2016-05-05_12h06_06

コードは、以下の通りです。

記述が完了すれば、最下部にある「保存」を、クリックします。

2016-05-05_12h12_49

これで、「お問い合わせ」の入力用のコンタクトフォームは、完成です。

次に、このコンタクトフォームから、入力⇒送信 される、「返信メール」の部分の設定をしましょう。

【Contact Form 7】で、「自動返信メール」を設定。

2016-05-05_12h22_16

コンタクトフォームの「メール」の部分が、自動で、返信されるメールの内容を設定(記述)するところとなります。

私は、このように設定(記述)してみました。

2016-05-05_12h29_162016-05-05_12h31_14

これで、相手側に、自動で返信されるメールの設定(記述)は、完了です。

この時に、使用できるメールタグが、上部に示されていますので、必ず、チェックしておきます。

2016-05-05_12h29_16

「メッセージ」の設定部分は、デフォルトのままです。

2016-05-05_12h38_05

「その他の設定」の部分もデフォルトのままです。

2016-05-05_12h40_34

【MW WP Form】と【Contact Form 7】では、どちらがいいのでしょうか?

実際に、どちらとも、『自動返信メール』を作成してみて感じたことは、【Contact Form 7】は、初心者に、非常に優しい作りになっていると思います。

また、・・・

【MW WP form】は、どちらかと言うと、【Contact Form 7】の上位版と言った感じです。

今回、情報商材ポータルサイトでは、解りやすさ、使いやすさの観点から、【Contact Form 7】を選択いたしました。

どちらが、優れているのか? なんて、いう問題では、なくて、その時の利用する目的や、好みで、選択する方が、サイト運営上、好ましいという結論に達しました。

今回は、Piwikの無料利用の申請フォームは、【Contact Form 7】を選択しましたが、次回、別途案件では、【MW WP form】を選択するかも知れません。

Please rate this

175 views
トップへ戻る