あなたが、ブログのアクセスを伸ばし切れていない、本当の理由とは?

5/5 (2)

「グルの販売術 – 英語圏で主流になっている「新しい形のセールスレター」とは?」の記事を書いた後の、Google検索の表示順位。

この記事を書いた直後のタイトル検索をしてみました。

グルの販売術 - 英語圏で主流になっている「新しい形のセールスレター」とは?【検証:レビュー】
グルの販売術 - 英語圏で主流になっている「新しい形のセールスレター」とは? まず、先に、レターを確認する。 ↓ ↓ ↓ グルの販売術...

「グルの販売術 – 英語圏で主流になっている「新しい形のセールスレター」とは?」

このタイトルで、Google検索。

2016-04-19_20h37_51

記事を書いた直後のGoogle検索では、1450件中の1位でした。

そして、・・・

本日、再度、

「グルの販売術 – 英語圏で主流になっている「新しい形のセールスレター」とは?」

同じタイトルで、検索をしてみました。

2016-04-27_04h13_24

1200件中の1位でした。

安定して、1~3位内をキープしています。

どうして、この順位がキープできるのか?

それは、サイトのコンテンツの充実度です。サイトのコンテンツが、充実していれば、そのサイトに書かれている記事は、必然と、評価の高いページとみなされることが多いです。

ただし、絶対では、有りません。

あとは、Googleが決めることです。しかし、大方の予測は立てられます。サイトのコンテンツの充実を図れば、図るほど、Googleでの検索順位は、上がるような気がします。

12000件中の100位か? 1200件中の1位か? どちらが優位???

あなたなら、どちらを選びますか?

12000件中の100位

と、・・・

1200件中の1位

私は、1200件中の1位を取った方が、良いと思っています。

これは、相対的に捉えた場合の感想です。

すべてのキーワードで、それが、優位だとは言いません。しかし、相対的に考えてみると、1200件中の1位を取る作戦の方が、

サイトに、アクセスを運んでくれる確率は、高いように思います。

本来なら、このようなデータを積み上げることができれば、最良のアクセス解析が出来上がるのですが、現在、どのツールを使っても、

この2つのパターンにおいて、どちらが、優位であるという実証をしてくれるマシーンは無いようです。

もし、あなたのブログのアクセスが、伸び悩んでいるのなら、ミドルキーワードを1位表示させる戦略をとってみられるのは、どうでしょうか?

ビッグキーワードばかりに、気を取られて、ミドルキーワードをないがしろにしていませんか?

それよりも先に、アクセス解析さえ、本気でされていないのではないでしょうか?

初心者ブロガーさんが、アクセスをアップさせる最短の方法。

言うまでも、有りませんが、記事数やコンテンツが、ある程度、充実していることが、大前提です。

Googleから見て、それなりに、コンテンツが充実しているサイトでなければ、ミドルキーワードでの1位表示も困難です。

まず、最初に、アフィリエイトで、成果を上げることばかりに、気が行ってしまっていて、コンテンツの充実を図ることを怠ってはいけません。

そして、ある程度のコンテンツが、サイトに詰め込まれたのなら、「ミドルキーワード」のGoogleの検索順位の1位獲得を目指してください。

「ビッグキーワード」を狙って、競争激化の中で、アクセスを集めることは、至難の業です。しかも、後発隊なら、尚更、検索順位を上げることは、難しいです。

以前、同じようにGoogle検索の結果を知るために書いた記事です。

ドラゴン・ストラテジーFX のキーワードで、Google検索をしてみました。
ドラゴン・ストラテジーFXのキーワードで、Google検索に表示されていなかった件。 FX情報ポータルサイトで、お薦めしているのが、・・・...

ドラゴン・ストラテジーFX

このキーワードで検索しました。

146,000件中の77位です。

やはり、この順位での、アクセス増は、望めません。

せめて、30位以内が、目標ですね。 汗;

記事を書いた2日後に調査した結果を書いた記事です。

ドラゴン・ストラテジーFXのキーワードで、Google検索を検証してみた結果報告。
『ドラゴン・ストラテジーFX』のキーワードで、情報商材ポータルサイトで記事を書くと、何位に表示されるのか? 先日、こちらの記事で、ある実験...

当初、Google検索に掲載された時点では、「ドラゴン・ストラテジーFX」のキーワードでは、98位でしたので、少しは、順位は上がりました。

しかし、この「ドラゴン・ストラテジーFX」で、1位の座を獲得することは、不可能に近いような印象を受けます。

仮に、永い年月をかけて1位と獲得したとしても、「旬の情報商材」が売れやすい傾向にある業界ですので、何年後に1位を獲得しても、また、アクセスの無い結果になることでしょう。

ならば、ミドルキーワードで、1位を狙う方が、旬を逃がさずに、戦えるのではないでしょうか?

実際に、情報商材ポータルサイトでも、そのようなキーワードの商品が、売れています。

サイト開設、2ヶ月目で、『初売り上げ』が、有ったのも、ミドルキーワード商品でした。

Please rate this

32 views
トップへ戻る