サイトを運営し始めたら、「サイトマップ」を登録設定しましょう。

5/5 (2)

サイトやブログを作ったなら、「サイトマップ」は、必須事項です。

Googlebotにより正確に、より数多く、サイトやブログ内の記事を読み込んでもらうためには、Googlebotが、読み込み易い状況を提供してあげることが、非常に、大切です。

pixta_12246067_M-1

サイトマップには、2つの種類があります。

1つは、ユーザー向けのサイトマップです。これは、サイトに訪れてくれた訪問者専用の道案内の意味を持っています。

2つ目は、Googlebotなどの検索エンジンクローラー向けに、サイト内のページをより正確にクロールしてもらうための「XMLサイトマップ」があります。

今回は、ユーザー向けの道案内的なサイトマップのことでは無くて、クローラーのロボット用の「XMLサイトマップ」のことをお話しましょう。

Googlebotなどは、サイト内の各ページのリンクを辿って、サイトをクロールします。その時の「リンク」を更に、まとめて、地図のように、クローラーに示してあげます。

すると、クローラーは、短時間の間に、多くのページを正確に読み込んでくれると言う訳です。

人も、ロボットも同じで、正確な地図があれば、目的地に到達することは、非常に効率よくなります。

サイトマップを作成して、Search Consoleに追加することで、サイト内のページを正確に読み込んでくれます。

2016-04-29_03h55_51

sitemap.xmlを登録しておくと、Search Consoleのダッシュボードに「サイトマップ」のデータが表示されるようになります。

2016-04-29_04h01_43

詳細は、このように表示されます。

そして、更に、サイトマップを追加したい場合には、右上にある「サイトマップ追加」、このボタンから、追加登録をします。

2016-04-29_04h05_31

登録したいサイトマップのアドレスを入力して、「送信」を押せば、完了です。

サイトマップは、Googlebotのクロールする時の「地図」になります。

「XMLサイトマップ」って、なに?

サイトマップは、「XML」という形式のテキストファイルで作らています。

WordPressなら、たくさんのプラグインで、あなたのサイトのサイトマップを自動で排出してくれます。

2016-04-29_04h20_35

情報商材ポータルサイトでは、「Google XML Sitemaps」というプラグインを利用して、サイトマップを作成しています。

http://info-portal.site/sitemap.xml

2016-04-29_04h15_14

ちなみに、Jetpackのサイトマップは、こちらです。

2016-04-29_04h13_19

どちらが、いいのかは、データを取っていないので、比較していません。

できれば、どちらの方が、いい結果を出してくれるのか?調べてみたいと思っています。

WordPressを導入しているサイトやブログの運営者さんなら、必ず、サイトマップを設置して、Search Consoleに追加登録をしておきましょう。

インデックスされる数字が、かなり違ってきます。

Please rate this

  にほんブログ村 ネットブログ ポータルサイトへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

50 views
トップへ戻る