適切なクロールとインデックスに必要な4つの作業とは?

5/5 (1)

SEO対策を行っていく上で、基礎として必要な作業。

SEOを考えた時に、まず、大事な考え方として、「全体像」を捉えるということ。

この考え方が、とても大事になってきます。

Googlebotにサイトをクロールしてもらう。そして、すべてのページをインデックスしてもらうために、これから、大儀として、4つの作業を見ていきましょう。

1.Googlebotのクロールをリクエストする。

通常、クローラーと呼ばれるロボットは、そのサイトに張ってあるリンクから、やってきます。

ここでは、その訪問をリクエストして、やってきてもらう方法を説明します。

まず、Google Search Consoleの「Fetch as Google」から、「インデックスに送信」を実行します。

すると、Googlebotは、この指令を受けて、サイトやブログにクロールしにやってきてくれます。

この機能は、利用価値のあるシステムなので、是非、こういうやり方もあるんだ。ということを覚えておきましょう。

2.運営しているブログやサイトのサーバーやネットワークの状態を正常に保つこと。

Googlebotが、サイトやブログ内をクロールしやすいように環境を整えておくこと。つまり、サーバーを安定させておくことが大事です。

今でこそ、レンタルサーバーの機能も2000年以前に比べれば、その性能は、数段アップしています。

確かに、サーバーが止まっていたりすることも、年に数回くらいはあるのかも知れませんが、レンタルサーバー各社のメンテナンス体制も構築されていて、24時間も、サーバーが止まっているという現象は、ほとんど無くなりました。

サーバーやネットワークの問題は、クロールしてくれるクローラーにも支障をきたしますが、サイトやブログを訪問してくれた、実際のユーザーにも迷惑をかけることとなります。

サーバーやネットワークの環境は、レンタルサーバーの会社によっても、技術的な差がありますので、できる限り、信頼のおけるレンタルサーバー会社を選択しましょう。

クロールをしてもらえやすいように「サイトの構造」を整えましょう。

「Googlebotは、リンクのあるところにしか行けない。」

Googlebotは、サイト内をクロールする際、各ページに張ってあるリンクから、サイトの中にあるページを1ページずつクロールしていきます。

逆に言うと、いくら、良いページを作りこんでいても、

そのページにリンクがなければ、Googlebotは、そのページを読み込んでくれません。

必ず、サイトマップを作成して、どのページともリンクをしている環境を作りましょう。

あなたの運営しているサイトやブログ内で、もし、インデックスをされたくないページがあれば、クロールをブロックしましょう。

あなたの運営しているサイトやブログ内で、Googlebotにインデックスされたくないページや、インデックスを必要としないページがあれば、クロールされることをブロックしておきましょう。

例えば、サイト内リンクはしているけれど、まだ、コンテンツが作成途中であるような場合です。

あと、メール専用ページや、メルマガ登録ページなどです。

追伸

正しくGooglebotにクロールをしてもらい、インデックスされるための4つの作業をお話ししましたが、あと、コンテンツの作成において、重要なことがあります。

サイト内で、同じタイトルの「重複」を避けるということです。

これを、よくやってしまっている人が、個人ブログなどでは見かけます。

これをやってしまうと、Googleに、それらのページをインデックスされないことがあります。

せっかく、苦労して作成したページです。

ページタイトルが、重複していないか? 確認をしておきましょう。

Please rate this

  にほんブログ村 ネットブログ ポータルサイトへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

47 views
トップへ戻る