サイトやブログの情報量は、それなりに必要ですし、有れば、有るほど、間口が広がります。

5/5 (1)

情報量を持ったサイトやブログを作ることは大事なことです。

多分、誰もが、こんなことくらいは、ご存じのことでしょう。

薄っぺらいサイトやブログでは、検索エンジンは、拾ってもくれない時があります。

拾ってくれたとしても、非常に、評価は低いです。

検索順位の低さが、物語っていますね。

では、情報量が多ければいいのか?という問題ですが、同じジャンルの絞り込んだテーマで、情報量が多いサイトやブログはいいです。

検索エンジンからの評価も高い可能性があります。

ただ、情報量が、いくら多くても、あまり、評価が高くないサイトやブログとは、どのようなものなのでしょうか?

それは、テキストの情報量は、確かに多いですが、ジャンルも一定せず、テーマも一定していないような、『ごちゃまぜ』のサイトやブログのことを言います。

アフィリエイトのサイトやブログでは、ジャンルやテーマを絞り込んだ、「密度の高い、質の高い」と言われる工夫をすることが重要です。

サイトやブログは、「定期的に更新」しましょう。

いくら、情報量が、多く、質の高いサイトやブログであっても、さすがに1年も、更新が無ければ、情報は、陳腐化していきます。

ある程度の価値のあるサイトやブログに成長させた後も、1月に1度くらいの更新をして、新規ページを追加していくことです。

Google自体も、その「更新頻度」については、明確に読みこんでいますから、サイトの価値と情報の新鮮さを保つことが、検索順位を上げる「王道」だと言えるでしょう。

「めんどくさい」が、あなたのアフィリエイトサイトを成長させる。

記事を書く時には、常に、ユーザーの目線になって、ユーザーの悩みを解決して上げることが、アフィリエイトのサイトやブログでは、

重要な「キーワード戦略」に繋がるというお話をしました。

その商品に対する「アイデア」を提供する記事を書くことが、「キーワード戦略」にもなりますし、「売らなくても、売れていく」アフィリエイトができることをお話しました。

自分の個性を出して、アイデアを付加して商品を売る。
売り込まなくても、売れて行く仕組み作りを考える。 「キーワード戦略」は、とても、大事なことです。 しかし、そのことにとらわれ過ぎて、...

ここまで、サイトやブログを作り上げてきた、あなたは、さらに、淡々と、同じことを繰り返します。

飽きることなく、継続を心がけます。

人よりも、難しい言葉で書こう。とか、もっと、専門知識を教えようとか?何か、特別なテクニックを使わなければいけないとか?

まったく、そんなことは必要ありません。

あなたの知り得た知識の範疇で、(確かに、知識の習得は、必要ですが、・・・)、あなたの言葉を使って、あなたの個性で、アフィリエイトの記事を、繰り返し書いていくことが、重要なんです。

作業は、淡々として来て、非常に地道な作業の繰り返しになりがちです。

ある程度のアフィリエイトのサイトやブログに成長してきますと、運営者も、気持ちが、落ちてきますし、サイトのやブログの更新率も低下して行きます。

そんな時に、1度書いた記事を「掘り起こす」という作業をお薦めします。

自分で書いた「過去の記事」を自分で、再度、読み直して、もう1度、その記事のバージョンアップ版を、書きます。

その時に大事になるのは、その絞り込んでいたであろうテーマを、今回は、さらに深く、掘り下げて記事を書くようにしましょう。

以前、その記事を書いたあなたよりも、今日現在のあなたの知識や経験の方が、必ず、「成長」しているはずですから・・・

こういう風にしていけば、必然と、サイトやブログの更新は、ある程度、定期的にできるようになります。

アフィリエイト収益が発生し始めるまで、継続できるか?どうか?が継続の分かれ目です。

1つ目の、サイトやブログの更新の継続の「ヤマ場」は、収益が、まったく発生しない時期にやってきます。

日々、ブログを書いても、書いても、誰も、買ってくれない。

そんな中での、モチベーションの維持は、非常に根気のいる作業となります。

ロングテール・アフィリエイトで、絶対に稼ぐぞ!という「芯の強さ」がなければ、成功はありません。

誰も、サイトやブログにやってこない。

誰も、何も買ってくれない。

まったく、収益が上がらない。

精神的に、とてもつらい時期を過ごさなければいけません。

こんな時に、「同じような、アフィリエイト仲間」が居てくれれば、大きな励みになってくれるのですが、・・・

なかなか、身近で、そのような人がいてくれて、そのような環境になることの方が、珍しいです。

ですから、つらい氷河期を、自分で、乗り越えられる「強い精神」を、自分で、養ってください。それが、あなたの人生にも、大きな財産となるはずですから、・・・

Please rate this

22 views
トップへ戻る