自分の個性を出して、アイデアを付加して商品を売る。

5/5 (1)

売り込まなくても、売れて行く仕組み作りを考える。

「キーワード戦略」は、とても、大事なことです。

しかし、そのことにとらわれ過ぎて、「小手先のノウハウ」に偏ってしまうことが無いように注意すべきです。

○○のキーワードツールを使って、「ダイエット」関連の複合キーワードを抽出して、・・・

このこと自体は、手法として、覚えていいことですし、非常に参考になることは多いです。しかし、それらの知識により付加して、「アイデア」を教えてあげることを、お話しました。

記事文中に、「役に立つこと」や「アイデア」逆に「不具合」などを、明記していく段階で、自然と、「キーワード戦略」を行っていることに気づくでしょう。

ユーザーさんに、「アイデア」を伝えることに神経を集中していれば、あなたの個性・あなたの言葉で、その商品を、「売り込まなくても、売れる仕組み」が自然と出来上がります。

これが、ロングテール・アフィリエイトの最終形です。

ロングテール・アフィリエイトの最終形とは、・・・

ロングテール・アフィリエイトの最終形を、もう少し、掘り下げて考えてみましょう。

ロングテール・アフィリエイトは、アフィリエイトの王道手法です。

しかし、本気でやろうとする人は、少ない。また、継続できない。

その理由は、こちらの ↓ 記事にも書きました。

アフィリエイト正攻法。その王道とは?
アフィリエイトの王道は、誰もやりたがらない。Googleの検索エンジンは、本当に、日々進歩を遂げています。人工知能をドンドン搭載していってい...

「しんどい!」んです。

最初が、「しんどい!」です。

だから、みんな継続できない。

逆に、捉えると、・・・

だから90%のアフィリエイターさんが、毎月5000円を稼げない状況にあるのだと思われます。

基本的な考え方は、「ユーザーさんの為になるサイト作成」です。

その考え方の中心になるのが、「悩みを解決してあげること」⇒「アイデアの提供」なのです。

あなたのサイトやブログを訪れたユーザーさんが、あなたからの「アイデア」をもらって、

「あ~~、なるほどな~~!」と言って、頷いてくだされば、それでOK!なんです。

その「頷き(うなづき)」を頂けるサイト・ブログ作りを心がける」のです。

「ユーザーの為になるサイト」とは、・・・

あなたのその商品を使った実際の体験談を、そのまま、正直に記事にすることです。

簡単な例で挙げれば、・・・

「ダイエット商品・はらまき編」

あなたが、ダイエットできずに、困っていました。

その時、「腹巻き型のダイエット商品」を見つけます。

そして、実際に購入して実践してみます。

1か月して、なんなく3キロもやせていました。

その時の実践体験を記事にすれば、完璧にロングテール・アフィリエイトの記事となります。

後は、商品の特徴やメリット・デメリットを詳細に書きます。

そして、メインである「アイデア」もちゃんと、そこに書き込みしましょう。

「この商品は、他の類似品に比べて、お腹に巻き付けた時に、圧迫感が少ないです。」

「この商品は、お腹に巻き付けても、折曲がった状態にはなりません。腰の部分に、柔らかいプラスティックが織り込まれているからです。」

「この商品は、洗っても、接着マジックテープのところに糸くずが着きにくい構造です。」

など、文中に、このような言葉を、あなたなりに、自分の言葉で説明しましょう。

そして、・・・

「この商品を、寝る時に、お腹に蒔いて寝てください。その時に、腰の当たるところに、シップ薬を一緒に貼ってみてください。」

「腰痛緩和になることは、当たり前ですが、発汗作用もあって、余計に、ダイエット効果が発揮されますよ!

「もう少し、温かくしても、我慢の出来る人なら、カイロを同じところに挟み込んでみてください。更なる、ダイエット効果が期待できます。」

「この時、直にカイロを腰に当てるのではなく、小さなタオル地のハンカチをはさむと気持ちがいいですよ」

「あと、洗濯時ですが、マジックテープのところに糸くずは着きにくいですが、やはり、商品自体が繊維質ですから、100均に行って、洗濯ネットを用意しましょう。その方が、長く、気持ちよく使えますよ!

このように、あなたなりの使う時の「アイデア」を教えてあげます。

そして、最後のクロージングは、・・・

「私は、このダイエット腹巻きを、このように利用して、無理なく、1か月で3キロの減量に成功しました。というよりも、気づいたら、痩せていました。是非、ダイエットが、苦しくて続かない方に、使ってほしいです。」

このような感じで、締めくくります。

後は、ユーザーさんが、どのような行動を取るかだけです。

きっと、ダイエットに悩んでいる人なら、商品画像をクリックしてくれると思いますよ。

Please rate this

43 views
トップへ戻る