アフィリエイトは、作業量も大事ですが、思考量も必要です。

5/5 (1)

アフィリエイトでは、作業量も大事です。

○○のツールを使って、自分の売っている・もしくは、売ろうとしている商品の月間の検索数が1000程のキーワード抽出して、

そのキーワードを使って、1ページあたり、1000~2000文字の記事を、

300ページ(記事)作成しましょう。

このような指南書が、多いことは、確かです。

また、その指示書に、妥当性もあります。

アフィリエイトにおいては、作業量という面も、確かに、重要な側面を持ちます。

やはり、Googleの検索エンジンの特性を考えると、テキストの多さが、そのアフィリエイトの成果を左右することは、事実のようです。

ただし、このことは、考慮に入れておいてください。

例えば、あなたが、売っている・あるいは、売ろうとしている同じ商品を、多くのアフィリエイターが、

○○のキーワードツールを使って、関連キーワードを使って、同じような記事を作成する可能性はあります。

こうなってくると、Googleの検索エンジンに、読みこんでもらって、上位に表示されることは、至難の業となってきます。

せっかく、「ニッチ・キーワード」を狙って、ブログやサイトの記事を書いていても、このように、同じような記事内容になってしまっては、意味がありません。

アフィリエイトでは、思考量も大切です。

同じような記事になってしまうと、掲載順位は、下がってしまう可能性がありますよね。

アフィリエイトでは、「作業量」も大事ですが、「思考量」も大事です。

それなりの「作業量」をこなす段階で、その記事に「思考」をプラスしましょう。

ブログを書くときには、「個性」出した方がいいですよ!

と、よく本に書かれているのは、そのことなんですね。

アフィリエイトをするのだから、個性的な「売り込みの思考」は、大事です。

勘違いをしないでください。

アフィリエイトは、『売り込んでは、いけません』

売り込みのセールス言葉はいりません。

しかし、『売り込むための思考』は必要です。

どういうことかと言うと、・・・

絶対、買ってください!

みたいな言葉は、要りません。

しかし、・・・

この商品を使えば、あなたは、こんなに悩みを解決することができますよ!

と言うように、アイデアや効能・効用を教えてあげることが大事です。

特に、『アイデア』的な部分は、非常に効果があります。

アフィリエイトの『思考』には、『戦略』を持たせること。

ロングテール・アフィリエイトを考えた時に、キーワード戦略は、必要です。

しかし、通常、言われるような「ビッグキーワード」を狙ったような戦術は、必要ないです。

それよりも、記事の中身を熟慮して『戦略』を持って書いていく方が、数段、効果が上がります。

その『戦略』という言葉は『アイデア』という言葉に置き換えてもいいかも知れません。

ある商品を紹介する場合。

その商品の機能や値段を記事にするだけでは、ユーザーは、あなたから買ってくれないでしょう。

その商品を、あなたなりの視点から使ってみた感想や、その時の上手な使い方をアレンジ、付加すれば、それが、その商品を上手に使っていくアイデアとなります。

訪問者さんは、そのあなたの「アイデア」に対して『なるほど!』と頷きます。

この、『なるほど!』が、あって、初めて、あなたから商品を買っていただけます。

これが、私が言っている、『売り込み』であり、『戦略』です。

『アイデア』⇒『有効な活用方法』⇒『対価支払いの価値』

その商品の購入を決定する時の「ユーザーの心理」というのは、この商品にこれだけの支払いをするだけの価値があるのだろうか?

このことを念頭に、購買の成否を決定します。

購入時に発生する「支払いの対価」についての判断の壁を崩してくれるのは、その商品の有効活用が、目に見えて明白になった場合です。

人は、その商品が、自分にとって、必要なものであると理解した時には、迷わず、お金を支払います。

簡単ですよね!

その『壁』を取り払ってくれる1つの方法が、『有効な活用方法の提供』です。つまりは、『アイデアの提供』です。

Idea_Exchange

このことが、理解できれば、ひたすら、アイデア開発に神経を集中させて、アフィリエイトを構築していけばいいだけのことになります。

Please rate this

28 views
トップへ戻る